エッセイのような

自分にやさしくしてあげよう

おはようございます。

1日の始まり、朝起きて一番最初にブログを書く活動。略して「朝ブロ」

と言いながら最初の朝活ブログが10時というのは自分らしい。
でも意外と完璧主義者の気があって、それに苦しんできた者としてはこれも悪くないんじゃないかと思う。

 

 

以前の自分ならば、「朝活をする」と言いながら8時に起きたらブログなんぞみっともなくて書けなかった。
そんなダメな自分を(現時点で見る人が皆無だとしても)公にするなんて。
そして二日目、三日目と微妙な時間に起きるたびに自己嫌悪に陥り、終には本来の目的である

「その日をどういう一日にしたいかを考えwebに記録するとで自分を整えられるのか?」という実験自体を放棄してしまう…。

 

 

 

 

30歳を超えてぼんやり思ったのは、日々幸せに生きるには「甘さ」とは違うニュアンスの「自分に対するやさしさ」というものが必要だということ。
それが自己肯定感につながること。クリエイティビティを発揮するうえでとても大事であること。

 

 

 

 

だから朝活ブログを10時に書き始めてもいいじゃないか。朝は苦手だ(かわりに夜ふかしは滅法強い)
徐々に朝方になっていけばめっけものだし、もしかしたらDNA的に朝は向いてないのかもしれない。

 

 

 

 

それよりも起き掛けにこうやって今の自分の考えを残す方が尊い。だから何時に起きても書けば「エラい!」と褒めてあげよう。
途中何度か書けない日も来るかもしれない。
「それを歯食いしばって書くんだよ!!!!」という体育会系な意見もわかるし、その先にあるものはとても尊いと思う。

 

 

けども書けなかったことを先ずは許してあげて、次の日から平常運転に戻ることを優先してあげよう。

 

 

 

 

明日から事務所も通常営業。つくりたい未来もたくさんある。

さぁ、今日はどんな実験をしよう。


today 3 experiments

  • 遺言書の草案と財産一覧表作成
  • ビジコンラフ作成
  • クラウドファンディング原稿推敲

 

ABOUT ME
新村 佳嗣|shimmura yoshitsugu
行政書士では相続対策、デザイン分野ではコミュニケーションや考え方といった「目に見えないデザイン」を扱う。ある顧客の「山だけ相続放棄できないんですか?」の一言から地域課題に興味をもちGREEN&MIRAIを創業。「美しい未来を創る」べく3足のわらじを必死で履く。 最近自分がギフテッドと判明し生きるのが少しラクになる。 滋賀県行政書士会理事×地域資源・エネルギーコーディネーター