2018年10月7日 滋賀県犬上郡にある多賀町南後谷集落で地域診断ワークショップを行いました。

 

地域診断法とは?

地域診断法とは滋賀県立大学の鵜飼准教授が開発した「未来にのこすべき地域の本質は何か」を明らかにする手法で、イアン・マクハーグ博士のエコロジカルプランニングをベースにしています。

生態学的都市計画とも表現されるエコロジカルプランニングは「真に自然と人が調和する都市づくり」を目指す理論。かつての生態系の破壊を伴う無秩序な都市開発から転換し、自然に沿った社会を構築することが持続可能性と豊かさを両立するカギであると示しています。

 

地域環境を気象、地形、地質、土壌、生態系といったレイヤーに分け、それぞれを都道府県単位の広域スケールから集落単位の狭域スケールまでマトリクス分析し、その地域を形成する環境要素と人とのつながりを明らかにします。その分析結果から周囲の自然環境に調和した都市計画を考えることで持続可能な社会が構築可能であることを提唱しました(1969年に!)

 

鵜飼准教授の地域診断ワークショップはいわばエコロジカルプランニングを簡易的に1日で行えるよう改良したワークショップ。

地域住民と「よそもの」が地域を見て歩き、歴史、暮らし、自然、感じたことを共有し、それらのつながりを読み解くことで「未来に継承すべき地域の本質」を見つけ出し、これからの地域ビジョンやまちづくり計画に反映させることで、その地域に最も沿った暮らし方=持続可能で豊かな暮らしを実現させることが狙い。マクハーグ博士の言葉をかりるなら「生態学的まちづくり」といったところ。

 

私は鵜飼准教授主催の地域診断法研究会に所属し、地域診断には過去「よそもの」として2地域、「ファシリテーター」として4地域参加しています。

多賀町としては萱原、川相、についで3カ所目。私にとって5カ所目のファシリテーターの舞台がこの南後谷になります。

よそもの役の学生たち。地域診断法の流れは確認しますが、よそものの視点を大事にするため事前学習は行いません。

 

 

多賀町南後谷集落を訪ねる


多賀町南後谷集落は高室山の西に位置する人口80人ほどの小さな集落。その歴史は寛永石高帳に後谷村との記載から確かめることができ、大永5年(1525)寂静開基の浄土真宗本願寺派の蓮浄寺があります。隣の佐目集落から延びる一本道がここの玄関口であり、ちょうど南後谷はその道のつき当り。

 

 

 

周囲を急な山面でぐるりと囲まれた谷間にある南後谷には、山からの湧水がおちあってできた川が流れており、水をめぐって周辺の村々が争った時代にも渇水に悩んだことはないそう。その川に沿って一本道が集落に串を通すようにはしっています。
谷あいのため平地は少なく田んぼは見られません。畑はごく小さなものがちらほらありますが、鹿と猿による獣害と日照時間の短さから水は豊富ながら農業で栄えた土地ではないようです。

ミネラルウォーターばりの透明度

 

 

地域診断ワークショップ開催

地域診断ワークショップは基本的に午前10時にはじまりランチタイムを挟んで16時に終了。1日がかりで頭を使うため参加者一同とても疲れます。ファシリテーター役の私は開始前から場の雰囲気、学生たちのパーソナリティー、開始後の流れを頭の中で確認したりと心地よい緊張感が高まっています。1日の流れ等は以下の通り。

>地域診断ワークショップの流れ

  • あつまる・なかよくなる
  • きく・かたる
  • ランチタイム
  • みる・あるく
  • はる・つなぐ
  • えがく・つたえあう
  • けいかくする

>参加してほしい人たち(2グループの場合)

  • 地元の歴史や暮らしに詳しい方:2名
  • 地域住民:8名前後
  • よそもの(学生など):4名
  • ファシリテーター:2名
  • 全体進行役:1名
  • 地区担当保健師や役場職員(必要に応じて)

>用意するもの

  • 模造紙(788×1091㎜) 3枚
  • ポストイット(75×75㎜) 4色各3冊程度
  • プロッキー 人数分
  • 名札
  • お菓子・飲み物(隠れ必須アイテム)

あつまる・なかよくなる

地元の方や役場の職員さんと手分けして設営。

ワークショップは地元住民、役場職員、よそもの役の学生、ファシリテーター、そして全体進行役で行います。
地域診断では住民、よそもの双方が見て、聞いて、歩いて思ったまま、感じたまま発表できる場&空気づくりがとても重要。なぜならバイアスがかかった情報では地域の本質から外れるからです。
今日一日の流れの説明が終わったら一度みんなで輪になり自己紹介。こういったことはフェスティヴァル感が大事。

 

 

どんな会議でも笑顔で開幕すればcreativeになるかも
名札には「今日1日呼んでほしい名前」を。養生テープにマジックが手軽でおススメ。

地域診断では1グループ7名を基準に班分けを行います。

地元住民4~5名、よそもの役2名、ファシリテーター1名が基本ユニット。
あまりに地元住民が多くても各人から十分な意見が聞けず、少なすぎると話が膨らみません。
できるだけ老若男女おりまぜた多様な視点をもった編成が好ましい。

班分けのルールについてはブレスト時のルールがわりと参考になると思います。

 

 

 


きく・かたる

「きく・かたる」では地元住民から見た地域について語って頂き、よそものがポストイットにメモしていきます。
テーマは【すきなところ・気になるところ・自慢したいところ・昔のはなし・暮らし・祭り・行事】などを中心にファシリテーターが話題をふって話を膨らませていきます。

 

南後谷では5つの班に分かれそれぞれのテーブルで地域の本質を探りました。

私のファシリテーションの進め方は、本題に入る前に
①今日の流れをおさらい
②もう一度自己紹介
③語り合うルール・意見を尊重し、否定しない(ブレストと同様)
④難しく感じても何も心配いらない旨

を説明します。特に④に関しては個人的に重要と感じているポイント。

のちの「えがく・つたえあう」では、得られた情報から地域の本質を一言で表現する、しかも限られた時間で!という歯ごたえのある工程。地元住民&よそものはもれなく≪産みの苦しみ≫を体験する事になります。
でもそれは普通のことなので「ちゃんとファシリテートしますし、最後には素晴らしいフレーズが見つかります。だから心配しなくて大丈夫」とできるだけ楽しんでもらえるように不安を取り除きます。ここはまるでお産に臨む妊婦と産婆さんのようだ、と毎回思うところ。

 

最初の発表はよそものが行います。住民の情報から浮かび上がった地域の印象を発表

書き出された情報は模造紙にグルーピングし、「地元住民の情報をもとに感じた地域の印象」を発表します。ちなみにこの班では右下にガッタリ※というフレーズが地域の特徴としてあがっていますが、私の班では最後まで出ませんでした。

※ししおどしの要領で、流れる水の重さを利用して脱穀する設備をガッタリと呼ぶ。

 

 

 

情報が班ごとに微妙に異なるので発表にも違いが見られて面白いです。

 


ランチタイム

これで午前中は終了。毎度お楽しみのランチタイム。
この日は南後谷婦人会の皆さまがご用意して頂いた「南後谷カレー」。絶対うまいやつやん(なんだかんだでこの日4杯も食べてしまった)

「同じ釜の飯を食う」の言葉にもあるように、同じものを一緒に食べるのはシンプルに仲良くなれる。
過去にランチタイムのないショートバージョンのワークショップをした経験もあるが、一緒にご飯を食べると場の一体感がまったく違う。同じ釜の飯を食べると仲間意識が芽生えるのだ。

まちづくりや地域活動には、よそものや若者、多様性が大事だと言われている。
そうした色んな立場の人が解けて混ざり合うには「一緒に同じ飯を食う」のが意外と効果的なのかもしれない。

 

南後谷婦人会の皆さまありがとうございました。みんなで配膳
南後谷カレー。米がこれでもかというほどうまい。

ごちそうさまのあとはいよいよ地域を歩く。よそものの視点が活きる後半へ続く。