&MIRAI(アンドミライ)は行政書士事務所を運営している私が、行政書士以外にもやりたいことをやっているうちにいつの間にかスピンオフしたワークスです。

 

特定のサービスは決めず、デザイン・コンサルティング・マインドセット・ストラテジーそして行政書士業務を組み合わせながら、色んな人の夢をサポートする幸せな仕事をしています。

 

 

ブランドストーリー

 

 

我々の仕事

「不確実で正解がない、だけど夢はある」が私たちのフィールド

特定のサービスを決めない理由

①我々がサポートしたい人々が「特定のサービスだけ」を求めていないからです。そもそも問題の

②やりたいことがどうしても一つに絞れなかった&

ロゴの秘密

ロゴの書き方をリンクで

Mission

LOGO-Message

「どうせやるなら楽しくね」

私たちの活動するフィールドは、一筋縄ではいかない時としてシリアスなISSUEにあふれています。

始める前から難しいことがわかっている…

ですが、私たちは難しいからこそデザインする価値があると思っていますし、

それこそがデザインの力だとも思っています。

 

難しいから、お金にならないから、しんどそうだから…。

そうした理由でISSUEに目を背けるのは簡単です。

私たちも気を付けないとそうしたくなります。

 

ですが私たちの暮らしがここまで豊かになったのは

「誰か」がそのISSUEに向き合ってくれたからです。

情熱、知恵、テクノロジー、つながり、人生…

それらを注いだ結果の上に私たちは生きています。

 

私も親になり子供たちに未来をのこす番になりました。

ISSUEに向き合う時です。

 

でもだからといってクソ真面目に難しい顔をして厳かにするってのも

なんか違う気がします…。

 

難しいISSUEを相手にする…決して楽なことじゃないけど

楽しくすることならできそうな気がしませんか?

 

どうせやんなきゃいけないんです。

だったら楽しくやりましょう。

 

 

紙が1枚あったとして…ただの紙切れと思うことも

紙ヒコーキをつくって空に飛ばして楽しむこともできる。

 

「折る」という簡単なことが、紙に翼を授ける。

デザインするってつまりそういうこと。

 

&MIRAIの理念を紙ヒコーキに託した素敵なロゴ。

「どうせやるなら楽しくね」